キャットフードの種類

最近ではキャットフードも数多くの種類がペットショップに並べられています。
ペットショップで購入した猫はだいたい生後半年なのでキャットフードは高カロリーのものが良いでしょう。
飼い主が自分のペットの事を知っておく事は当然なのですが、購入したペットフードを与えてもなかなか食べてくれないケースは少なく有りません。
特に猫にとっても好き嫌いがあるので仕方無いのですが、そのようなケースに陥った時のためにしっかりとキャットフードの種類http://www.nationalpretzelday.com/ko.htmlを把握しておく必要が有るのです。

いつも食べていたキャットフードをいきなり食べなくなったケースも同様の事がいえるのですが、キャットフードの種類を少し変えてあげるだけまた再び食べるようになることは案外多いのです。
基本的にキャットフードは含有されている水分量によって種類分けをする事が出来るのですが、具体的には3種類に分けることが可能なのです。

まず、1つめはドライタイプのキャットフードであり、これは名前にドライが入っている事からも乾いた、すなわち水分量の少ないキャットフードのです。
約10%以下の水分量の商品がこのドライタイプにあたるのですが、この水分量が少ないメリットとしてはカビが生えにくいという利点が有るのです。
安全性の考慮も成されているので猫の健康維持にも非常に有効的なのです。

次に挙げる事ができる種類はセミモイストタイプであり、これは俗にいう半生タイプのキャットフードになっています。
水分含有量は25%程度であり、品質を維持する為に添加物や砂糖などが加えられている事が多いのです。
また、水分量を一定に保つ為湿潤調整剤と言うものまで含まれている事があるので、購入前には含有料や添加物を確認しておきましょう。

最後に挙げる事ができる種類はウェットタイプであり、これは文字の通り水分量が多いキャットフードのことを現しています。
主に匂いが強く、食感がやわらかいことから猫が食べたときの満足度は非常に高いのでは無いでしょうか。
その反面、食べかすなどが歯に残ってしまう可能性があるので注意が必要です。