猫に炭水化物は必要なのか?

人間の食事とペットのキャットフードとは全く違うと言って過言では無いのですが、それは当然食べる物が異なる事が大きな要因でしょう。
もちろん人間もペットも必要としている成分や物質は大きく違ってくるのですが、人間にとって生きていく上で必要なものの中でも炭水化物を欠かすことは出来ません。
炭水化物を含んだ食品を積極的に摂取する事によって元気でエネルギーを蓄えることが出来るのですが、それはペットに関しても共通の事がいえるのでしょうか。

まず、結論から言いますと猫にとってキャットフードから炭水化物を摂取することは非常に重要である、とは言えません。
雑食の人間もしくは犬と比較をすれば、肉食の猫は消化の吸収能力が劣ってしまうので仕方がありませんが、猫であっても多少の消化吸収能力は身に付いています。
その事から、メインである肉を食べる中で、ついでにキャットフードで炭水化物も取っていれば問題ない事が猫にはいえるのです。

猫とはもともと過去に遡れば非常に長い歴史の中でもネズミを餌としていたので、ネズミの体内に含まれている穀物であったり木の実などの炭水化物を食べていたのです。
もちろん消化吸収能力が無い動物であればこのような成分を摂取してしまえば、その時点で下痢もしくは嘔吐を起こしてしまいますが、猫の消化吸収能力はこの点からも持っている事が理解できるでしょう。

これらの事から、猫にとって炭水化物とは必要なのかと言えばそれほど必要性は高くなく、むしろメインの食品を摂取するついでに炭水化物も摂っておけば良い、と言う程度なのです。
過去にはネズミ等のげっ歯類を摂取していた猫にとっては、多少の消化吸収能力があるので炭水化物を摂取しても問題は無く、健康に関しては良くも悪くも影響を与える物ではないのです。
猫の飼い主にとっては、多少混ぜてあげる事も良いのでは無いでしょうか。