猫にたんぱく質は必要なのか?

猫によって必要な成分とは決まっているのですが、その中でも炭水化物とは猫にとってはさほど必要な成分では有りません。
炭水化物とは人間にとっては必要な成分であり、生きていくうえでは欠かせないのですが、その他にもたんぱく質も無くして生きることはできません。
たんぱく質とは主にチーズであったり牛肉・鶏肉などに多く含まれているのですが、果たして猫にとってキャットフードにこの物質の必要性とはどのようなものなのでしょうか。

たんぱく質とは、主にホルモンであったり筋肉などとアミノ酸が必要となる体内組織に変わっていきます。
1グラムあたり4キロカロリーという計算になるのですが、このたんぱく質とは猫にとって物凄く重要な成分となり、キャットフードでの摂取が必要です。
人間の約5倍程度のたんぱく質摂取がキャットフードで必須であるともいわれているほどです。

また、たんぱく質は主に体内に入れば22種類ものアミノ酸に分解されるのですが、更に細分化していけば必須アミノ酸と準必須アミノ酸に分けることが出来るのです。
これらに関しては、必須アミノ酸が食事によって摂取出来る成分であり、準必須アミノ酸が成猫であれば特に必要としている成分であると言えます。
このように、たんぱく質とは猫にとって非常に必要としています。
飼い主であれば自分の猫が一体どれくらいのたんぱく質を摂取しているのか、把握しておく必要性もあるでしょう。

これらの事から、たんぱく質とは猫にとって必要な成分となっており、猫が生きていくうえで人間よりも更に必要性が高いのです。
人間に比べて約5倍程度のたんぱく質が猫には必要となるのですが、その中でも体内で分解される必須アミノ酸と準必須アミノ酸まで厳密に把握していればベストではないでしょうか。