キャットフードの成分とは

自分のペットに対して安心して食事させる事は飼い主としては非常に嬉しいものなのですが、一体ペットフードとはどのような成分で構成されているのでしょうか。
今回はペットの中でも人気が高い猫の食事、すなわちキャットフードの成分をご紹介したいと思います。

キャットフードの成分とは、まずメインの肉であるミートが含まれており、このミートとは処理が出来ている動物から汚染がほとんどされていない肉の事を指しており、骨格筋であったり心臓、また舌などにみられる筋肉の事です。
これらの内臓に付属している骨や皮、血管などは基本的に含んでいても含まなくても良いとされています。

次に挙げる事ができる成分は、肉粉です。
肉粉とは毛や角、または血液などを精製する事によって脂肪分をなくしたものを指しています。

数値でいえばカルシウムの割合がリンの2倍以上のものでないという規則もあり、厳密に肉粉の割合を調整しているのです。
ただ、これもメインのミートにも共通していえるのですが、粗悪品の場合は例外であり、品質に関しては重点的に確認しておく必要が有るでしょう。

また、穀物や脂肪などもキャットフードの成分として挙げる事が出来ます。
穀物に関しては米や小麦、とうもろこしなどの食品から成り立っており、脂肪に関しては鶏の脂肪やひまわり油などが挙げられます。

これらの事から、キャットフードの成分とはメインであるミートを始め、肉粉であったり穀物、更には脂肪などと多くの成分によって成り立っているのです。
もちろんこれらの中でも品質の悪いものは猫に対して大いに悪影響を与えてしまう可能性があるので、飼い主としては品質の確認が最重要になってくるのでは無いでしょうか。