添加物にはどんなものがある?

キャットフードは市販されているものを与えている方がほとんどなのでは無いでしょうか。
もちろんキャットフードは品質管理された商品が多くなっている事から、飼い主としても非常に安心して使用する事が出来るのですが、必ずしも添加物が含まれていないというわけではありません。
添加物が含まれている事で商品の保存に対して品質を安定化させる事も可能になってくるのですが、果たしてキャットフードに含まれている添加物とは一体どのような物があるのでしょうか。
今回はキャットフードの添加物に着目して、種類別にご紹介していきます。

まず、キャットフードの添加物として挙げる事ができるのはプロビレングリコールという成分です。
プロビレングリコールとは半生のキャットフードの保温効果やカロリー源と言う役割で使用される事が多くなっています。
プロビレングリコールを犬に対して使用する事は臨床的な試験を交えても影響は無いデータが得られていますが、猫に対してプロビレングリコールを与える事は少なからず好ましくない結果が出ているのです。

次に挙げる事が出来る添加物は、亜硝酸ナトリウムです。
保存料として使用されることが多い亜硝酸ナトリウムには魚肉や魚卵に含まれているアミンと多く化学反応を起こしてしまう事が多く、その事から発ガン性の物質が生まれてしまうリスクも少なくは無いのです。
そのため、この物質に対しても猫の健康状態に必ずしも良いとはいえないのです。

他にも、保存料の効果を持っているソルビン酸カリウムであったり、抗酸化作用を持っているブチルヒドロキシアニソールも健康状態に悪影響を与えるといわれています。
飼い主としてはこれらの添加物の種類を厳密に把握した上で、どれくらいの割合で含まれているのかという情報まで知っておく必要性はあるでしょう。
これらの事から、キャットフードの添加物として注意するものはプロビレングリコールであったり亜硝酸ナトリウムなどを挙げる事が出来ます。